互換インクや車内の備品からコストDOWN│効率UPのマル秘テク

印刷

トナーのタイプ

プリンター

印刷をする際に欠かせないトナー。そんなトナーには、さまざまな種類があります。ここでは、トナーの種類やその種類の一つであるリサイクルトナーカートリッジの特徴などについてご紹介しています。

Read More...

書類を本にする

色見本

会社の書類をある程度立派にまとめることが必要になった場合や、書類の保管を行うというような場合、製本機を利用するという方法があります。簡単に使うことができ、ハードカバーの本も作ることができます。

Read More...

印刷物を美しく

プリンター

ラミネートは私達の身の回りに溢れています。水や汚れを弾くという働きがあり、印刷物を守ります。光沢感や耐久性も上がるので多くの所で利用されています。印刷物や大きさによって使う機会も変わってきます。

Read More...

経費を抑える

印刷機

企業のなかには、どうにかして経費を削減することができないかと考えている人もいるでしょう。削減することができる部分は企業によってさまざまですが、経費削減の候補の一つとして消耗品があります。消耗品といってもその種類はさまざまですが、その一つにプリンターなどに使用されるインクがあります。プリンターのインクの中には、互換インクと呼ばれるものがあります。互換インクとは、プリンターを製造しているメーカー以外のメーカーが生産しているインクのことで、汎用インクとも呼ばれることがあります。プリンターメーカーが生産しているものではないということから、企業のなかには綺麗に印刷できるのか、と気になるところもあるかもしれません。しかし、この互換インクは、プリンターメーカー以外の企業が生産しているにも関わらず、品質が良い点が特徴です。また、互換性インクは京セラなどのプリンターメーカーが生産した純正品インクに比べて費用が安いという点もあります。しかし、やはり、純正品より品質が落ちてしまうこともあります。その為、きちんと比較をしてから利用するようにしましょう。また、信頼できる業者へ発注依頼をすることも重要です。そのような業者であれば、アフターサポートも手厚く安心して依頼することが出来ます。

企業によっては、印刷物を作成する際インクではなくトナーを利用している所も多いです。トナーのコストを抑えたいというような場合は、リサイクルトナーカートリッジが有効です。使い終わったカートリッジにトナーを詰めていくというもので、コストを一気に下げていくことも出来ます。また、備品類でコストを削減したいと考えた際には、コピー機をレンタルするという方法があります。コピー機の導入の際の金額を大幅に抑えることができる他に、トラブルが合った際にもすぐに対応を行ってくれるので、安心して使うことが可能です。また、資料をまとめる際には製本機を購入して自分たちで製本を行うことや、作ったポスターを貼って様々な所にPRしたいというような場合は、ラミネート加工を自分たちで行うなど、自社でできることは自社でやってしまうことで、費用とコストを大きく抑えることができます。

おすすめリンク

  • 低価格で高品質な互換インク評価サイト

    役立つ内容を確認しておくことができるので、互換インクに関することを確かめておきたいならチェック。
  • サンコー株式会社

    通販サイトで簡単に京セラのトナーを選ぶことができるようになっています!興味があるなら調べてみよう。