互換インクや車内の備品からコストDOWN│効率UPのマル秘テク

印刷

書類を本にする

色見本

カタログや住所録、報告書などの書類を本のような形式にしてまとめたいというような場合に、製本機を利用すると簡単にオリジナルの製本を作ることが出来ます。また、一般に販売されている書籍や雑誌を必要な所をのみ集めて保存したいというような場合にも利用することができ、必要な数だけ製本することができます。製本機はカバーも充実しており、普段使い用のカバーから、ハードカバーまで様々なものがあるので、書類の内容によって使い分けをすること可能です。本にしていく目的としては、180度開いた状態で書類を使用することが可能ということや、参考資料として使いやすいなどの理由があります。企業だけでなく、研究機関や一般の人たちにも広がりを見せており、現在様々なところでオリジナルの製本が作られています。

製本機が広がっている理由に、自分たちで簡単に本を作ることができるので、注文するよりも安価なことや短時間で作成をすることが可能ということがあります。また、製本機は簡単にすぐ使うことができます。使い方は製品によって異なります。専用製本カバーを開き、原稿をはさみ製本機にセットしていくというような手順で行なわれることが多く、ブザーがなると本が出来上がるという仕組みになっています。製本時間は1分未満と短いことから時間を大幅に短縮することが可能です。機械によって製本の方法や時間が異なってくるのでインターネット等で様々な情報を見比べていくことが大切です。