互換インクや車内の備品からコストDOWN│効率UPのマル秘テク

印刷

トナーのタイプ

プリンター

企業には必要不可欠なOA機器、プリンター。そんなプリンターの内部にあり、資料の印刷などをする際に使用されるのがトナーです。トナーとは、粉タイプの塗料のことで、これらがプリンターの内部で紙に吹き付けられることによって印刷をすることができます。印刷物に使用されるものには似たようなものにインクもありますが、インクは塗料が粉になっているのではなく液体になっている点において違いがあります。
どちらもオフィスで使用されている塗料ですが、企業のなかにはインクではなくトナーを使用しているところもあるのではないでしょうか。そこでここでは、トナーについてご紹介していきます。

印刷をする際、塗料として使用されるトナー。そんなトナーには、いくつかの種類があります。まずは純正品。純正品トナーカートリッジとは、プリンターを生産しているメーカーが生産しているトナーのことです。次に、汎用品があります。汎用品トナーカートリッジとはプリンターメーカーではない企業が生産しているトナーのことです。最後に、リサイクルトナーカートリッジがあります。リサイクルトナーカートリッジとは使用済みのトナーカートリッジに新しいトナーを入れたトナーカートリッジのことを指します。
こうしてさまざまな種類があるトナー。企業のなかには、使用しているプリンターと同じ型番のトナーを使用した方が一番無難だろうということから、純正品トナーカートリッジを使用する企業もあるのではないでしょうか。確かに、純正品は国内メーカーが生産している質のよいトナーカートリッジなので、印刷の質もよいのですが、その反面、新品でありプリンターメーカーが生産しているブランド物のトナーカートリッジということから少々値段が高いという面があります。

トナーカートリッジは消耗品なので、定期的に買い替える必要があります。その度に高めのトナーカートリッジを使用していては、消耗品にかかるコストも高くなってしまいます。では、コストを抑えるためにはどうすればよいのでしょうか。その対策の一つとして、リサイクルトナーカートリッジを使用するという方法があります。リサイクルトナーカートリッジは、使用済みのトナーカートリッジに新しい塗料(トナー)を入れているだけのため、その分カートリッジを新品に変える必要がありません。ですので、その分安く手に入れることができるのです。リサイクルトナーカートリッジだからといって質が悪いというわけではないので、特に塗料にこだわりがないのなら取り替えてみてはいかがでしょうか。こうすることによって、消耗品にかかる費用を抑えることができます。